金曜ドラマ「ラブシャッフル」・第10回あらすじ 玉木宏主演!金曜ドラマ「ラブシャッフル」のドラマ情報

金曜ドラマ「ラブシャッフル」・第10回あらすじ

金曜ドラマラブシャッフル第10回あらすじ・2009年3月20日放送

啓(玉木宏)、愛瑠(香里奈)、旺次郎(松田翔太)、正人(谷原章介)たちは、マンションの同じフロアの住人。
ふとしたきっかけで顔見知りになった。
そして、その8人の男女、4組のカップルは、それぞれ訳ありだった。
そして、運命の人は1人だけなのか?愛情か?それとも相性か?という疑問を確かめるためそれぞれの恋人を交換するというラブシャッフルを始めることになった。
啓(玉木宏)は、恋人である芽衣(貫地谷しほり)の気持ちを自分に戻したいためラブシャッフルに加わることにしたのだが、気持ちは動揺していた。
しかし、芽衣とようやく元サヤに戻り、予定通り無事結婚することになった。
そんな啓(玉木宏)を愛瑠、旺次郎、正人は、祝福する。
一方、急に姿を消した海里(吉高由里子)は生きていた!
しかし、海里はいまさら旺次郎には会えないと言う。
ラブシャッフルという禁断の扉をあけた男女8人の迎える結末とは!・・・
大事なのは愛情か?それとも相性なのか!?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。