金曜ドラマ「ラブシャッフル」・第7回あらすじ 玉木宏主演!金曜ドラマ「ラブシャッフル」のドラマ情報

金曜ドラマ「ラブシャッフル」・第7回あらすじ

金曜ドラマラブシャッフル」第7回あらすじ・2009年2月27日放送

ある日啓(玉木宏)はラブシャッフル仲間の旺次郎(松田翔太)や正人(谷原章介)と一緒にサウナにいた。
啓(玉木宏)は間違えて正人の鍵を持ってきてしまう。
啓(玉木宏)は玄関先で愛瑠(香里奈)にばったり出くわし、愛瑠(香里奈)の入れ知恵で、正人の部屋に入り部屋に飾ってある
正人の元カノの写真を見に行く。
部屋にに忍び込んだ啓と愛瑠は、正人の幸せそうな笑顔の2ショット写真を発見する。
しかし、正人と仲良く一緒に写っているのは、青年の姿でしかもそれは旺次郎にそっくりなのだった!
啓と愛瑠は意外な事実に驚く。
そんな二人に正人は自分がバイセクシュアルであることをカミングアウトする。
啓と愛瑠は驚きつつも平静に正人と接しようと努めるのだった。
一方、ラブシャッフルは2周目に入っており、今回はは啓と海里(吉高由里子)、愛瑠と正人、旺次郎と芽衣(貫地谷しほり)、諭吉(DAIGO)と玲子(小島聖)という組み合わせだった。
旺次郎は啓(玉木宏)に対し、芽衣の意中の男は自分であることをほのめかし、芽衣のことは諦めたほうがいいと言うのだった。
啓(玉木宏)に友情を感じている諭吉は、芽衣のことで気が気でない啓を思い、芽衣の動きを監視することにした!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。