金曜ドラマ「ラブシャッフル」・第2回あらすじ 玉木宏主演!金曜ドラマ「ラブシャッフル」のドラマ情報

金曜ドラマ「ラブシャッフル」・第2回あらすじ

金曜ドラマラブシャッフル」・第2回あらすじ(2009年1月16日金曜夜10時〜放送)

同じマンションに住む4人、啓(玉木 宏)、愛瑠(香里奈)、旺次郎(松田翔太)、正人(谷原章介)は、ある出来事がきっかけで知り合いになり、お互いのパートナーと合わせて8人で恋人交換(ラブシャッフル)をすることになった。
そのルールは1週間ごとに相手をシャッフルするというものだった。
最初のラブシャッフルで、啓が旺次郎のパートナー・玲子(小島 聖)と、愛瑠が旺次郎と、正人が啓のパートナー・芽衣(貫地谷しほり)と、愛瑠のパートナーである諭吉(DAIGO)が正人の患者の海里(吉高由里子)と恋人同士になる。
しかし啓(玉木宏)は芽衣に未練があり、これで本当に婚約解消を告げた芽衣の気持ちを取り戻せるのか疑問を持ちながらも玲子とデートすることになった。
玲子は人妻でありながら積極的に啓(玉木宏)と恋人関係を楽しもうとするが、啓は臆してしまう。
さらに玲子は啓をホテルに誘うのだった。
愛瑠のほうはカメラマンの旺次郎に写真撮影をしてもらうことになったが、撮影されながら、旺次郎にしつこい質問攻めにあい辟易していた。
諭吉は海里とデートをするが、海里の態度はかんばしくなかった。
正人は芽衣と順調にいい関係を築きはじめていた。
一方、啓は玲子と飲みに行ったバーで外国人客とトラブルになって!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。