金曜ドラマ「ラブシャッフル」・第9回あらすじ 玉木宏主演!金曜ドラマ「ラブシャッフル」のドラマ情報

金曜ドラマ「ラブシャッフル」・第9回あらすじ

金曜ドラマラブシャッフル第9回あらすじ・2009年3月13日放送

海里(吉高由里子)が、旺次郎(松田翔太)の部屋から突然消えた。
ラブシャッフル仲間の啓(玉木宏)と愛瑠(香里奈)は、海里が行方知れずになり動揺する旺次郎のことが心配だった。
しかし、同じくラブシャッフル仲間の正人(谷原章介)は平静に、旺次郎になにかと世話をやくのだった。
愛瑠は、そんな正人を旺次郎に付け入ろうとしていると非難する。
啓(玉木宏)は、愛瑠はかんぐりすぎだと諭すが、正人本人はは愛瑠の発言を肯定する!
啓と愛瑠は正人の開き直りに唖然とする。
啓(玉木宏)は諭吉(DAIGO)にも海里を探してくれるように頼む。
諭吉はもちろん引き受けるが、そのかわり啓にお願いがあると言い出す。
そのお願いとは、芽衣(貫地谷しほり)を譲って欲しいということだった!
諭吉は、芽衣の意中の男は自分だと言いきり、それを踏まえた上で、啓に、芽衣を譲ってくれと土下座する。
しかし、啓(玉木宏)は諭吉の申し出を断り、その場を立ち去るのだった。
その頃、愛瑠は玲子(小島 聖)に旺次郎のことを相談していた。
それに対し玲子は、海里は遺体になって正人の部屋に隠されているのかもと言い出すのだった!
玲子の言葉が気になり、愛瑠と啓はマンション内を捜し回る!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。